公務員を辞めたい方へ。退職願/退職届の書き方、出し方、いつまでがよいか

公務員退職願 公務員
この記事は約3分で読めます。

公務員を退職する場合は、「退職願」を提出します。民間企業と違い「退職届」ではありません。提出先は所属長(課長)がマナーであり、一般的です。その後、人事担当者が任命権者に退職の承認をいただく流れとなります。できれば遅くとも退職希望日の1ヶ月前には提出しましょう。

役所勤務かつ翌年度以降の職員配置を気にする方は、10月~11月上旬頃までには意向を伝え、年度末の3月に退職することです。時期については自治体により異なる場合があるので、例規をみたり、所属長に確認しましょう。

それでは、理由も含めてくわしく説明します。

公務員を辞めたい方へ 退職願の書き方(退職届× 辞表×)

公務員の退職願

公務員の場合は、「退職願」を提出します。次のことを記載します。

  • 退職希望日
  • 退職理由(一身上の都合により、 でOK!)
  • 自分の名前、所属
  • 任命権者の名前
  • 提出日

用紙サイズは何でもかまいませんが、A4サイズが一般的です。

退職願の例文

上記のことを書けば問題ないです。
作成書式は、人事課が持っている場合があります。心配性の方はいただくとよいでしょう。
参考例文は次のとおりです。

   退職願
                   令和〇年〇月〇日

△△△長
△△ △△殿

 この度、一身上の都合により、令和■年■月■日をもって
退職いたしたく、ご承認願います。

〇〇部〇〇課
〇〇 〇〇 (印)

退職理由の詳細は、記入不要です。
思いがあるなら言葉で説明しましょう

封筒に入れて提出しましょう

封筒の表に「退職願」と書いて提出します

退職願の提出先は、所属長(課長)。そして面談へ

退職願は、所属長に提出するのが、マナーであり一般的です。

その後、所属長との面談で様々な話があると思います。退職の意向が強ければ主張を貫けばよいと思います。

心が固まっていない場合は、療養休暇や休職などの制度もあるので、いきなり退職の相談をせず、心のうちを相談するとよいでしょう。

退職の意向は、同僚に相談しない方がよいです。変に広まります。

退職理由について

理由を聞かれますが、一身上の都合でよいです。
退職理由に、職場環境や、職場の人間関係を挙げた場合は、解決策を提示されるでしょう。

公務員を辞めたい方へ 退職願の提出時期はいつまでがよいか

辞めるタイミングは、遅くとも1ヶ月前

所属長との面談、人事→任命権者の承認を考慮すると、遅くとも1ヶ月前です。ただし1ヶ月未満でも3週間程度ならOKと思われます。各自治体の例規によるので確認しましょう。

有給休暇があるなら、消化期間を考慮して提出タイミングを検討しましょう。

欠員補充計画を考慮するなら10月頃まで

公務員の職員採用計画は、定数に対する欠員補充の考えです。定数より多く採用することは基本的にできません。

欠員や翌年度以降の職員配置を気にする優しいお方なら、10月頃までには意向を伝え、年度末の3月末退職とすることです。多くの自治体は、10月~11月に来年度予算編成などを実施しており、また、後期の新採用職員選考中であるからです。翌年度職員採用計画の増員に間に合う場合が多いので、欠員のダメージが少ないと思います。

そして、欠員補充計画の時期を過ぎると臨任(臨時的任用職員)などの代替職員の採用計画を追加検討し、翌々年度の新採用職員で正規補充することになります。

詳細時期は、自治体や、その年の採用計画により異なるので、例規や所属長、人事担当者に確認しましょう。

公務員を辞めたい方へ まとめ

退職願の書き方、提出方法、提出時期について書きました。

「せっかく難関の公務員試験を突破したのに、辞めるなんてもったいない!」

この世間の言葉に勝てる退職理由と決意を持ちましょう