公務員を退職|転職

公務員を退職|転職

公務員を辞めたい方へ。退職願/退職届の書き方、出し方、いつまでがよいか

公務員を退職する場合は、「退職願」を提出します。民間企業と違い「退職届」ではありません。提出先は所属長(課長)がマナーであり、一般的です。その後、人事担当者が任命権者に退職の承認をいただく流れとなります。できれば遅くとも退職希望日の1ヶ月前には、10月までには提出しましょう。
公務員を退職|転職

【無料】公務員に転職準備するならハンドブックを紹介します

30代や40代の社会人でも、意外と公務員に転職できます。採用試験もそれほど難しくありません。現役世代と違い、憲法民法行政法など難解な勉強は、自治体の採用試験によっては、それほど必要とされていません。しかし、求められるものが民間企業とは異なります。対策の参考になるハンドブックが、無料でもらえるので紹介します!
公務員を退職|転職

公務員から転職活動をする時の注意点について

転職活動を在職中にする場合には、いくつか注意しなければならないことがあります。 公務員から転職 退職手続きは転職先が決まってから 転職先の企業が決まってから、退職手続きをとることが、安定した収入を保つためには必要で...
公務員を退職|転職

公務員から転職 就職先で失敗したと感じないための方法、対処法

公務員から転職する際に、怖いのは、就職先で「失敗した!」と後悔することです。失敗したと感じないための方法、転職先で万が一、失敗したと思った場合の対処法をまとめます。
公務員を退職|転職

公務員の退職、転職で後悔しないために確認すること

もしも転職という選択肢が頭をよぎったら、事前に考えるべきことがいくつかあります。公務員の職場は数年に一度、人事異動(ジョブローテーション)があります。今考えている転職理由が解決できるかもしれません。詳しく解説します。
公務員を退職|転職

公務員を辞める前に 職場環境の問題を改善できないか(アサーショントレーニング)

仕事を辞めたいと退職する前にしておくべき事についてです。辞めたいという気持ちに迷いはないのか、他の手段を取りようがないのか、退職の意を会社に表明する前にじっくり考えましょう。アサーショントレーニングという方法があります。
公務員を退職|転職

公務員を辞める!退職の動機と理由で悩んだとき、冷静に考えるべきこと。

退職を考えるとき、仕事が思うように進まなかったり、職場環境や待遇がストレスになったりという時があります。退職の動機と理由で悩んだとき、冷静に考えるべきポイントをまとめます。
公務員を退職|転職

公務員から転職【準備】キャリアプラン、自己分析から市場価値を確認する

公務員から転職するには、キャリアプランを考え、自己分析することが大切です。経験、スキル、専門知識を棚卸しして、【転職のため】の自己分析を考えましょう。具体的に公務員の市場価値を確認する方法もご紹介します。
公務員を退職|転職

【体験談】プログラマーから転職!低スキルでも中小ITから上流工程の会社に転職できた方法

中小IT企業のプログラマーで低スキルとぼやいていた夫ですが、上流工程ができる一部上場の中堅会社に転職できました。転職成功のポイントは、リクルートエージェントを活用したことです
公務員を退職|転職

公務員を退職して、後悔しない、失敗しないために知るべきこと

公務員を退職することについて、その後の人生で後悔しないか、取り返しのつかない失敗にならないか、よくよく考えましょう。失業保険がもらえない、ローンが組みづらくなることなど、各種ポイントをまとめます。