【コロナ休校】子どもの視力低下を抑えるポイントと予防まとめ【専門家意見】

コロナ休校明け こどもの視力に注意 こども教育
この記事は約2分で読めます。

コロナ禍で一斉休校になること3ヵ月後、休校明けにこどもが、目の不調を訴えてきました。今まで問題なかったのですが、学校で診断したら、不安になる結果に!

外出が難しかったり、
Youtubeを見せることがおおかったり・・。

youtubeは、Chrome Castでテレビに映してみてましたが、
興奮すると、すごい近距離で見始めるんですよね
(- -;)< 見る場所決めたし、気づいたら注意したんですが・・

さっそく週末に病院に行きますが、事前に情報収集してみました。

医師などの専門家の意見を中心にまとめてます。
※引用元記事には、取材した記者の主観も混じっているので、抜粋してます

視力1.0未満の小学生3割超 早期の近視 病気招く恐れ

「近視は治らない。しかし、進行を防ぐためにできることはある」

スマホやゲーム、勉強や読書をする時は十五分に二〜三分は目を休めることが大事。テレビならCMが入るタイミングが目安だ。目を閉じるだけでは、近くを見る時に収縮して水晶体を厚くする毛様体筋の緊張が続くことも。近視がない子どもなら五、六メートル先、近視の子はもう少し手前を見て緊張を緩めるといい

愛知県眼科医会の理事、まじま眼科院長
https://www.tokyo-np.co.jp/article/35025
※引用元は、医師の話と記者の主観が混ざってます

黒板が見えない! 休校明けは視力低下に注意 進行抑えるポイント

近視は遺伝的要因が強いのですが、昨今の研究では、週に14時間以上、明るさ数千ルクスの光を浴びると、近視の進行が抑制されることが分かってきています。

部屋の中は400~600ルクス程度、窓際でも800ルクス程度なので、数千ルクスというのは、屋外でないと実現が難しい。

週に14時間、つまり1日2時間弱、日光を浴びる。 木陰でも曇りでも、早朝でも夕暮れ時でも、とにかく日の光を浴びる時間を意識的に増やしましょう。

https://www.asahi.com/edua/article/13383395

子供の視力 近視の進行とその予防2020

「メガネをかけると余計に目が悪くなる」と言われるのは、合わないメガネを使っている場合に限ってのことです。そのため、メガネ作製の際は、正確な度数にすることが近視の進行予防につながりますので、必ず眼科で検査を受けて正しい度数の処方箋を発行してもらうことが大切です。ちなみに「メガネをしたり外したりするのは目に良くない」というのも根拠がありません。

片山眼科クリニック
https://www.k-eye.jp/blogs/2020/05/19/post-466/