投資

投資

投資初心者におすすめ!株式、リート と 日本国、先進国、新興国を組合わせたインデックス型投資信託で安定した収益を

投資初心者が安定して収益を上げるのは、リスク分散したインデックス型の投資信託です!10年前に初心者だった私は、コツコツ投資信託によって1,000万円を超える資産を築けました。 日本国、先進国、新興国について、それぞれ株式とリートを組み合わせた6種類を購入することをおすすめします。
投資

【体験談】マネきゃん(Money Camp)の評判は怪しいセミナー?口コミも紹介

マネきゃんは「ゼロから始めるお金の増やし方」という、節約、節税しながら資産運用をすることができる方法をプロが教えているWEBセミナーです。 「怪しい」という口コミもありますが、結論からいうとマネきゃんは怪しいWEBセミナーではありませんでした。 家計の節約、節税からの資産運用方法など、お金を増やす知識を提供しているしっかりとしたサイトです。 受講も無料なので、効率よく知見を深めるために利用してみるのがいいと思います。 年収500万円以上の会社員・公務員の方に特化したセミナーですので、当サイトをご覧の方にマッチしていると思います。
投資

【運用実績公開】PayPay証券(ワンタップバイ証券)は儲かる?→米株で資産2倍増に!

私は2017年8月にPayPay証券(当時はOne Tap Buy証券)で、5万円分の米国株を購入してみました。思いっきり忘れてましたが、4年後に2倍以上になってました!PayPay証券は1,000円単位で気軽に米国株の投資できるのが強みです。狼狽売りが抑えられる環境なので、かんたんに、いつの間にか資産形成できる仕組みです!
助成金

モーサテで【コロナショック経済】振り返り。緊急事態宣言の解除まで2020年2月から5月末。【モーニングサテライトまとめ】

コロナショック経済の渦中に、「モーサテ」まとめ記事の毎朝更新をはじめました。2020年2月から株価は大きくさげ、史上最大の下げ幅、サーキットブレーカー、原油先物価格マイナスを経て3月末に底値。それから史上最大の上げ幅。5月末日に、コロナ禍当初(2月下旬)の水準近くまで戻ってきました。あらためて、世界経済を振り返ります。
投資

iDeCo(イデコ)の移管手続きまとめ。おすすめ口座と商品選びのコツ【確定拠出年金】

個人型確定拠出年金 iDeco(公務員、自営業者向け)。口座開設した場合や、口座移管した場合は、運用管理会社、運用商品を指図しなければ、目減りするのでご注意ください。参考までにわが家の手順を紹介します。
投資

主婦、扶養範囲内で働ける「個人事業主(青色申告)」のススメ!幼児教育無償化で新2号認定もできる!

専業/パート主婦は、個人事業主(青色申告)になろう!夫の扶養範囲内で、事業所得と資産運用益を得るために。夫の扶養から外れると、国民健康保険料/税や国民年金を払う羽目になり、夫も配偶者控除の所得控除が無くなり増税されるというダブルパンチ、トリプルパンチを喰らいます。
投資

コインチェックの評判は?メリット・デメリット・口コミまとめ【仮想通貨】

私は2017年から仮想通貨取引は、コインチェックを使っています。スマホアプリがかんたんで初心者でも使いこなせます。ただ、過去にNEM流出事件(2018年1月)があり安全性が不安になるところですよね。取引所の口コミ、評判をまとめました。結論から言うと、今のCoincheck(コインチェック)はセキュリティが大幅に強化されています。利用者からも良い評判が多いです。
投資

【仮想通貨】イーサリアムクラシック(ETC)が高騰してテンバガー達成!

2020年後半から、仮想通貨の高騰が目立っています。 2021年3月に購入したイーサリアムクラシック(ETC)は、1ヶ月強で10倍になりました! 今後の動向は?いまは、ビットコインだけでなく様々な通貨が軒並み上がっています。仮想通貨は、浮き沈みが激しいので、減っても後悔しない範囲の金額から試してみるのがいいと思います。
こども教育

SBI証券のジュニアNISA口座(ニーサ)にソニー銀行から入金できない?入金振込みできる方法

SBI証券のジュニアNISA口座に入金したいけど、ソニー銀行からの振込み方法が分からない。選択肢に出てこない!そんな方のために、SBI証券への入金/振込み方法をまとめました。結論は、SBI証券で「振込み用口座」を作り(数分で簡易口座開設)、ソニー銀行から振込みます。
投資

証券口座は、節税のために特定口座「源泉徴収なし」を選ぼう!運用益20万円以下のサラリーマン、所得330万円以下の個人事業主

株式運用といえば、基本は、NISA 口座。年間枠からあふれた場合は、特定口座(源泉徴収あり)にしている方が多いと思いますが、 次の方は、源泉徴収(なし)をおすすめします。 1.株式の譲渡所得が20万円以下のサラリーマン2.所得...