持続化給付金を受給したら、確定申告をミス無くしないとヤバイ理由【税務調査】

持続化給付金 コロナ対策/助成金
この記事は約2分で読めます。

持続化給付金は課税対象です。

持続化給付金をもらったら、しっかり確定申告してミスなくしないとヤバイ理由。それは、

今年は税務調査に注力しています。

痛くも無い腹を探られる可能性があります。税は難しいので、特に個人事業主は誤った会計処理をしているケースが多いです。最大3年遡って追徴課税される可能性があります。詳しく解説します。

筆者は、税務職経験者です。現役職員とも情報交換しています。

持続化給付金は、課税対象(事業所得)

持続化給付金は、課税対象です。事業所得に該当します。

今年から税務調査に注力されてます

コロナ禍で積極的な滞納処分(差押え)はしていない

コロナ禍にあり、税務署や市役所の納税課は、積極的に滞納処分(差押え)はしていません。

納税猶予・換価猶予の事務手続きに追われている現状もありますが、手続きが簡易化された経緯もあり、人手不足になるほどでもありません。

よって、これまで滞納処分に費やしたリソース(人x時間)を、税務調査にあてています。

税務調査されにくい、間違いの無い確定申告を

法人ともなると、多くは税理士が会計手続きを進めますが、個人事業主は大抵の場合、自分で計算しています。フリーソフトを使ったり、手計算したり。

「これまで何となくできていた」

それは、単純に見逃されていただけかもしれません。

今年は、目立つようなミスをなくし、税務調査されにくい申告をするとよいでしょう。フリーソフトよりも、弥生会計などの会計ソフトを使うことをオススメします。

【無料】弥生会計は、初年度は無料で使えます。