次亜塩素酸水の除菌効果や注意点。次亜塩素酸ナトリウム、キッチンハイターとの違い。アルコール、消毒液代わりに【新型コロナウイルス対策】

次亜塩素酸水 コロナ対策/助成金
この記事は約9分で読めます。
悩み子
悩み子

次亜塩素酸水って、ハイター薄めれば代用できて、手指の消毒に使えるよね?

違います!
名前が紛らわしいので混同しますが、ハイターは手指が荒れたり、失明する恐れもあります。使い方をまちがえると危ないです

慢性的なアルコール不足から、ウイルスへの除菌効果があるとされる「次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)」が注目されています。様々な自治体や企業で配布されていますね。

ただし、様々な注意点がうまく伝わっていない実態もあります。

この記事では、次のとおり「次亜塩素酸水」の注意点、安全な使い方について紹介します。

この記事でわかる、「次亜塩素酸水」のこと

・除菌効果、新型コロナウイルスに有効とされる理由
・次亜塩素酸ナトリウム、ハイターとの違いに注意!
・直射日光で「分解」されるので、冷暗所での管理が必要

根拠サイトを引用しながら、くわしく紹介します。

「次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)」とは

厚生労働省のサイトには、次のように 「殺菌効果」と食品添加物に使える「安全性」がかかれています。

本品は殺菌料の一種。塩酸または食塩水を電解して得られる「次亜塩素酸」を主成分とする水溶液。

わが国では平成 14 年 6 月に 食品添加物として指定されており、使用基準及び成分規格が定められている。

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002wy32-att/2r9852000002wybg.pdf?fbclid=IwAR31hr8q2ArIG_pUbsUf6w2SxbJQBohyjshL2qLnCdMvm55UNQTQW_z0Iws

成分表に次の記載がある商品は要注意です。
・「次亜塩素酸ナトリウム」
・「次亜塩素酸Na」
・「次亜塩素酸ソーダ」

「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」の違い。「キッチンハイター」から次亜塩素酸水は作れない !

花王のサイトに次のとおり解説があります。

「キッチンハイター」から「次亜塩素酸水」を作ることはできません。

「キッチンハイター」は次亜塩素酸ナトリウムを主成分とした塩素系漂白剤で、液性は非常に強いアルカリ性です。成分、液性ともに「次亜塩素酸水」とは異なりますので、これらの製品を薄めても「次亜塩素酸水」を作ることはできません。

「キッチンハイター」などの塩素系漂白剤は十分な注意が必要な製品です。酸性タイプの製品や塩素系の排水口ヌメリ取り剤・生ごみ・食酢・アルコールと混ざらないようにしてください。有害なガスが発生して危険です。また、目に入ると、薄めた液でも失明するおそれがあります。

https://www.kao.com/jp/soudan/topics/topics_118.html

次亜塩素酸水 でググルと表示されるAmazon商品ですが、こちらは次亜塩素酸ナトリウムを扱う商品です。ハイターを薄めたレベルであり、手指の消毒には不向きです。

身近なものの消毒にはいいのですが、人体には悪影響があります。

「キッチンハイター」を薄めた液を、加湿器や空気清浄機に入れてはいけない!大変危険!

花王のサイトに、次のQAが、2020年4月15日に追加されていました。
問合せが多かったのでしょう。

Q.「キッチンハイター」を薄めた液を加湿器や空気清浄機に入れて使ってもいいの?

A. 大変危険ですので、おやめください。「ハイター」や「キッチンハイター」は薄めた液(=希釈液)でもアルカリ性が強く、加湿器などで霧状に噴霧された希釈液を吸い込むと、せき込んだり、呼吸器に異常をきたしたり、目に入ると失明のおそれもあります。
また、機器の動作不良や故障の原因になる場合もあります。

https://www.kao.com/jp/soudan/topics/topics_116.html

「次亜塩素酸水」の殺菌効果

厚生労働省のサイトには、次亜塩素酸水のほうが次亜塩素酸ナトリウムより、80倍近い殺菌力をもつと記載されています。

次亜塩素酸水に多く含まれる「次亜塩素酸(HOCL)」は、次亜塩素酸ナトリウムに多く含まれる「次亜塩素酸イオン(OCl)より、約80倍高い殺菌力をもつといわれる

しかし、~(中略)容易に活性が低下する。そのため、流水で使用することが肝心である

https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/08/dl/s0819-8k.pdf?fbclid=IwAR3itXS5-nAZE7j5bfGL5bVFdZA-K95Qs5_-HllWfW7X1-91kwDW442k9RE

ケチって使うと、効果が減る!

「次亜塩素酸水」は、新型コロナウイルスに有効か

さきほどの 厚生労働省のサイトには、次亜塩素酸水には、これだけの抗菌、抗ウイルス活性があると公表しています。

※次亜塩素酸ナトリウムも抗菌効果は大きいです。

新型コロナウイルスへの有効性は、経済産業省が、検査機関(NITE)とともに現在検証中です。

新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価を行います

新型コロナウイルスに有効な可能性がある消毒方法として、以下が選定されました。
「界面活性剤(台所用洗剤等)」
「次亜塩素酸水(電気分解法で生成したもの)」
「第4級アンモニウム塩」
今後、これらの消毒方法について、NITEにおいて有効性の評価を実施します。

https://www.meti.go.jp/press/2020/04/20200415002/20200415002.html

また、一般財団法人機能水研究振興財団という組織が、推察レベルで有効性を謡っています。

平成5年に厚生大臣の認可を得て設立され、2014年(平成26年)に内閣府管轄の一般財団法人に移行した組織で、賛助会員も名だたる大手企業が連なっているので、それなりに信頼できる組織です。ただし、参考程度にとどめてください。

新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水の有効性について


一般的に消毒薬に対して、インフルエンザウイルスのようにエンベロープをもつものは弱い(抵抗性が低い)。新型コロナウイルスを含めてコロナウイルスは、インフルエンザウイルスと同じくエンベロープをもつ粒子構造をもっています。したがって、次亜塩素酸水は新型コロナウイルスに対しても有効性を示すと推察できます。

(中略)

人体に対しても環境に対しても安全性が高く、広範な細菌やウイルスに有効性を持つ次亜塩素酸水は、器具や環境の消 毒・殺菌に使用することは最も適していると言えます。また。手荒れがしないことからも次亜塩素酸水による流水手洗いは望ましい効果を期待できます。

http://www.fwf.or.jp/data_files/view/1707/

「次亜塩素酸水」の使い方

机やドアノブ、手すりなどの除菌: ビシャビシャにスプレーします。 直接スプレーでビシャビシャになるまで噴きかけ、約10秒後ふき取ります。 これを2回繰り返します。
※ 1回目で汚れを取ります。 2回目で除菌効果が発揮されます。

手の除菌 石鹸で良く洗手後、ふき取り、ビシャビシャにスプレーします。
①手洗い: 洗い残しのないように洗って、ふき取り、汚れを十分取ります。
②除菌: ビシャビシャになるまでスプレーし、約10秒後ふき取ります。 または、ビシャビシャにスプレー後乾くまで手揉みします。
※ 次亜塩素酸水はエタノールのように少量スプレー(シュッシュッ)では良 い効果が出ません。なお、手荒れはほとんどしません。

http://www.fwf.or.jp/data_files/view/1723/mode:inline

「次亜塩素酸水」の保管方法

容器: 汚れの無いスプレーボトルやペットボトル等を使用してください。
※ マジックインクで次亜塩素酸水を入れた月日を書いてください。

保管: 除菌効果の維持のため遮光して冷暗所に置きます。
アルミホイル等で容器を遮光して、冷暗所(冷蔵庫など)に保管します。 使用期限を守ってください

「次亜塩素酸水」の宅配サービス

上述のとおり、次亜塩素酸水は、保存に弱く長期間の保管では塩素濃度が薄まる特性があります。

保管しているうちにただの水になってしまっていたということが度々問題となっています。

新鮮な「次亜塩素酸水」が届くように、定期宅配を使うのも1つです。

無料配布に並んで集団感染してしまったり、運搬中にうっかり日光に当てて「水」にしてしまうリスクを軽減できます

除菌水ジーア公式サイト

「次亜塩素酸水」まとめ

「次亜塩素酸水」とは

・新型コロナウイルスの抗菌効果が有効とされ、現在検証中
・次亜塩素酸ナトリウムや、ハイターとの違いに注意!
・直射日光で「分解」されるので、冷暗所で管理すること

三蜜(密閉空間、密集場所、密接場面)を避け、しっかり手洗いをしながら
併せて消毒もして、コロナショックを乗り越えましょう